2021-06-11

名作を聴いてみませんか?


青空文庫など、著作権が切れてパブリックドメイン化した作品は、youtubeなどの動画サイトなどで、朗読されている事があります。


色々な方の様々な朗読作品がありますが、私のオススメはこちら。

千歳ゆうりさん(@Chitose_utatane)という方の朗読された、坂口安吾の『夜長姫と耳男』です。



作品の持つ美しさと狂気が、丁寧に表現されています。



現在、図書館3Fの坂口安吾コーナーに展示も作っています。
朗読を聴いて興味が出た方は、ぜひ原作も読んでみてください。

図書館スタッフ(ゲーム司書)

快適な図書館を目指して


こんにちは。

3月から始まった図書館空調設備改修工事も、先月をもって無事に完了しました。

期間中は長期休館となったり、利用者の皆さまには大変ご迷惑をおかけしましたが、ご理解・ご協力いただき感謝申し上げます。

おかげさまで、今までなかなか冷房・暖房が効かなかった我が図書館、とっても快適になっております!

6月の今でも、もうすでに外は猛暑の日もありますが、館内では昨年より断然過ごしやすくなっています。ありがたいことです。

 


また、先日館内の一部に抗菌・抗ウイルス加工を施しました。4階書庫の移動書架のハンドルなど、人がよく触れる箇所を中心に行っています。(金剛株式会社様よりご提供)

 

本の除菌ボックスは昨年導入していますので、こちらもぜひご利用いただきたいです。

 その記事はこちら

日々の生活でマスク・手洗い等が基本なのは変わりませんが、少しでも快適な環境を図書館として今後も提供していきたいと思います。

 

★図書館入り口や館内にもアルコール消毒液が設置されています。

図書館ご利用の際は引き続きマスク着用、手指の消毒、使用した机やパソコンの消毒等のご協力をよろしくお願いします★

 

 

(図書館スタッフ R

2021-05-25

Vtuberと図書館


Vtuberの紡田コトハさんが、福島県の白河市立図書館さんの紹介をされ、国立国会図書館の情報サイト「カレントアウェアネス」に載りました。

Vtuberと公共図書館さんのコラボは、とっても未来を感じますね。


【カレントアウェアネス】

VTuberによる図書館紹介動画(記事紹介) | カレントアウェアネス・ポータル (ndl.go.jp)


【白河市立図書館公式ツイッターでの紹介】

https://twitter.com/shirakawalibran/status/1395929932140744710




【紡田コトハさんのYoutube】

https://www.youtube.com/channel/UC6-f64MGNyI5XRtpVxGKKgw




なお、紡田コトハさんには、当大学図書館の紹介もして頂いています。

ぷくりぶ日誌: 入館方法解説動画&サークル紹介展示 (puklibclub.blogspot.com)




図書館スタッフ(ゲーム司書)

2021-04-20

入館方法解説動画&サークル紹介展示


新入生の皆さんも、そろそろ大学に慣れてくる頃でしょうか?

図書館にも来て頂いていますが、入り口にゲートがあったりして、なかなか入り難いと思います。

そこで、図書館への入館方法を動画で解説してもらいました!

https://youtu.be/Fy69YD8oZ9U






興味のある方は、是非ご覧ください。


また、図書館の階段エリアで【サークル紹介ポスター展示】をおこなっています。



色々なサークルの、素敵なポスターを掲示していますので、こちらも是非ご覧ください!
サークルポスターの掲示は5/31までになります。

図書館スタッフ(ゲーム司書)

2021-04-09

情報セキュリティ啓発キャンペーン


 こんにちは。日頃図書館をご利用いただきありがとうございます。

一人一台スマートフォンや携帯端末を持ち歩く時代、情報源がテレビ・新聞からインターネットへと移り変わっているのを実感する今日この頃です。 

 だからこそ、端末やインターネットの中にある個人情報は自分で守る!意識は強く持たねばと思います。

図書館では4月12日より情報教育部門厳選の図書を設置し「2021年度 情報セキュリティ啓発キャンペーン」の展示を始めます。

8冊、展示図書の紹介です。

********情報セキュリティ啓発キャンペーン 紹介図書***********

取り上げているテーマは「サイバー攻撃」「コンピューターウイルス」「パスワード」「暗号と認証」「セキュリティ用語」。それぞれのテーマの部で専門的な内容を図やイラストを豊富に使って、緊張感のある短文で分かりやすく解説しています。専門用語がどうもとっつきにくいという方には第5部から読むことをお勧めします。豊富な知識を持ったセンパイとたよりないネコSEとの対話形式で入りやすいでしょう。

セキュリティの基本的な考え方、技術の仕組み、重要用語までしっかり学べる入門書。県立大学のサイトに学外からアクセスするために必要な2要素認証、ワンタイムパスワード等、知っておかねばならないことも詳しく解説しています。セキュリティに関する各項目がイメージでとらえられるよう工夫された構成になっています。

日進月歩で進展していくデジタル世界。デジタルの新しい可能性が期待され、世の中に様々な恩恵を与えています。しかし、デジタル化の進展とともにフェイクが横行し、真実とフェイクの境界を曖昧にさせているという。また、ビックデータに蓄えられた膨大な個人情報により、プライバシーは丸裸になりつつあるそう…。タイトルに「“現実”が飲み込まれる日」とありますが、読み進めるとその意味が分かってきます。今後のデジタルとの付き合い方を考えさせられる1冊です。

著者 : 佐藤佳弘
武蔵野大学出版会
発売日 : 2017-10-12

学生の皆さんもよく利用されるであろうSNS。便利な反面、多くの危険が潜んでいます。どのような危険があるのか、SNSのトラブルについてわかりやすくまとめられています。よく知られている事例から、「え!そんなことがあるの!?」と思うような意外な事例まで書かれています。

ネットは気軽に情報を発信できますが、その内容によっては「犯罪」になることもあります。あなたのその「つぶやき」は大丈夫ですか?実際の事例とともにネットの法律知識について解説されています。

ネット炎上はなぜ起きるのか、その被害はどこまで及ぶのか等、炎上のメカニズムについて具体例とともに解説されています。職場だけでなく、学生の皆さんにとっても身近なアルバイト先やプライベートな場面での炎上についても書かれています。本書を読み、ネット炎上のメカニズムを知ることで、今後の対策について考えるきっかけにできるのではないでしょうか。

インターネットを利用するうえで直面する多くの問題のなかから、本書は「人権侵害」について焦点を当てています。人権侵害にあたる書き込みとはどのようなものなのか、法律と倫理の観点から見たネット人権侵害などについてまとめられており、その現状について知ることができる1冊です。

実際に起こったネット炎上の事例を挙げながら、炎上についての分析がまとめられています。炎上とは何か、分類やパターン、誰が起こしどれくらいの人が参加するのかなど詳しく分析されており、炎上の実態について知ることができる1冊です。




上に挙げた8冊を含め、情報セキュリティについて考える本32冊を図書館1階にて展示・貸出しています。自分の情報を守る事、SNSに挙げて良い事悪い事等、この春、本を手に取って考えてみてはいかがでしょうか。(K)

 




2021-04-05

新入生向けおすすめ展示コーナー


新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます!

 新しい生活にワクワクされている反面、大学生活に対する不安もあるかと思います。

 そんな、期待と不安の入り混じった新入生のみなさんをサポートするべく、図書館1階に、おすすめ本の展示コーナーを作りました! 


 『大学一年生にオススメの本』




『悪い人たちに、気を付けよう!』



図書館は、皆様のご利用をお待ちしていますので、ぜひ来館されてみてください!
※現在は、館内工事のために休館しておりますので、来館は4/12以降によろしくお願いします。

【休館期間】
2021年3月13日(土)~2021年4月11日(日)まで(終日)


図書館スタッフ(ゲーム司書)

2021-03-17

図書館クラブ、メンバー募集!(`・ω・´)キリッ


 熊本県立大学図書館には、図書館ボランティアグループ【図書館クラブ】というものがあります。

選書ツアーや、展示スペースの作成、県外の図書館見学など色々な活動をしています(コロナの影響で一部休止している企画もあります)

こちらを見ていただくと、雰囲気が伝わるかと思います。

↓↓↓

【個人によるリクエスト展示】

ぷくりぶ日誌: 図書館クラブのリクエスト展示(10、11月) (puklibclub.blogspot.com)


【クラブ全員による大型展示】

ぷくりぶ日誌: 図書館クラブ秋冬展示「あつまれ 本好きの森」 (puklibclub.blogspot.com)


【県外の図書館を見学】(去年はコロナで行けませんでしたが、、)

ぷくりぶ日誌: 2019秋 選書・図書館見学ツアー (puklibclub.blogspot.com)


【みんなでゲームをしながら俳句を作ったり】

ぷくりぶ日誌: 「ゲームさんぽ吟行」のリハーサルを行いました (puklibclub.blogspot.com)


【Vtuberになって図書館クラブを宣伝したり】

https://twitter.com/librarian03/status/1372130975753273345?s=20

楽しい活動を色々としています。


学年に関係なく、いつでも自由に入れますので、新入生だけでなく、興味のある方はお気軽に図書館でスタッフに声をおかけください。

( ^ω^;)と言いつつ、現在は工事のために休館しておりますので、4月12日からよろしくお願いします~。


【休館期間】
2021年3月13日(土)~2021年4月11日(日)まで(終日)


図書館スタッフ(ゲーム司書)

2021-03-04

図書館の本で、Vtuberになりませんか?


もうすぐ啓蟄(冬ごもりの虫が出てくる時期)という事もあり、ずいぶん暖かくなってきましたね。

学生の皆さんは、春休みを満喫されているころでしょうか。

お出かけ日和が続きますが、なかなか外出しにくいご時世ですので、おうち時間を図書館の本で楽しんでみませんか。


例えば、こちらの本では最近はやりのVtuberになる為の技術が色々と書いてあります。

※現在、図書館1階の特別展示コーナーにあります。






この本とスマホがあれば、こんな感じで。



簡単に作る事ができます。

ちなみにこちらで上記画像の動画が見れます↓

とはいえ、上記の本は2018年発売ですので、日進月歩のデジタル関連ではネットの記事なども併用するのをオススメします。

私が作った上記の動画では、「vear」や「vrew」という無料アプリを使っています。

 

興味がありましたら、是非チャレンジしてみてください。

 図書館スタッフ:ゲーム司書

2021-02-18

一斉展示企画に参加中です


 福岡県立図書館による一斉展示企画「ゲームで読書しませんか?~ボードゲーム、カードゲーム、TRPGからデジタルゲームまで~」に参加しています。



詳しくはこちら↓

http://ur0.work/6uwB 


色々な図書館が一斉に、ゲームを軸とした読書推進の展示をするこの企画。

当館は「ゲームで知る戦争」というテーマで、戦争の悲惨な部分を追体験できるボードゲーム『グリッズルド』と、同じく戦争の悲惨な部分が書かれた本『戦争は女の顔をしていない』を展示しています。


戦争のゲームなんて、、、と思われるかもしれませんが、『グリッズルド』は一般的にイメージされる、敵を倒していくゲームではなく、ただひたすらに悲惨な戦場から生きて帰る事を目的にした協力ゲームです。

『鉄条網』『砲弾』『雪』など、あらゆる困難がプレイヤーを襲い、戦場の過酷さを再現してきます。

製作者には祖先が戦地に行った人がいたり、説明書に『戦地からのラヴレター』という本からの引用があるなど、真摯に戦争というものに向き合って作られたゲームです。

 



『戦争は女の顔をしていない』は、ノーベル文学賞作家スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチさんが、従軍した女性にインタビューし、その内容を記録したものです。
主観的すぎるという意見もありますが、「個人から見た戦争」というものが伝わってきます。


ゲームと本、両方の文化で戦争を知ってもらうことで、より深く理解してもらえると嬉しく思います。

スタッフ:ゲーム司書

2021-02-17

空調設備改修工事のため図書館は長期休館します


こんにちは。
大学も春休みに入り、図書館に来る学生さんも少なくなってきました。
暖かくなったかと思えば、急に気温が下がったり。みなさまいかがお過ごしでしょうか。

ここで大事なお知らせです。
図書館は 来月から空調設備改修工事のため、長期休館となります。

【休館期間】
2021年3月13日(土)~2021年4月11日(日)まで(終日)
(2021年3月11~12日は入学試験・準備日のため休館です)

※休館中の館内立ち入りは不可となります。
また、図書館における各種サービスについても原則利用不可としますが、
急を要する貸出等については、事前にご相談いただきますようお願いします。(当日対応不可)
※図書の返却は玄関横の返却ポストにお願いします。
CD付の本はポストへの返却が出来ませんので、カウンター受付までご返却ください。

その他、詳細は図書館のホームページをご確認ください。



休館中でも、先生方、学生のみなさんの学びや研究を支援していきます!
大学院進学や就活で必要な資料など、どうぞお気軽にご相談ください。
以上、長期休館となりご不便をおかけしますが、ご理解いただきますようお願いします。

(図書館スタッフ R)


2021-01-18

独学のススメ


 共通テストも終わり、4年生の皆さまは、そろそろ卒業を意識される時期かと思います。

大学で学んだことを胸に社会に出られるわけですが、社会に出てからも、仕事で必要だったり、純粋に趣味で楽しくなど、色々な形で「学ぶ」事があります。

そんな時の為に読んでおきたいのがこちら、『独学大全』です。


学校に所属していない環境だと、ついついさぼってしまったり。先生や同級生から得ていた情報や資料が手に入りにくくなってしまったりなど、スムーズにいかない事があります。

この本には、継続する大切さやコツ、資料の収集方法(図書館についても詳しく書かれています)など、広い範囲で「学び」について書かれており、【学びかたを学ぶ】事ができますので、オススメです!
※読書猿さんの他の著作『アイデア大全』『問題解決大全』も発注中です。

図書館1Fにて展示しています。


一緒に展示してある『学び直し12ヵ月ガイド』は、雑誌「週刊ダイヤモンド」(2020/12/26・1/2合併号)の付録で司書の私物になりますので、貸出不可の館内閲覧用になります。


また、独学つながりで『在野研究ビギナーズ』も展示しています。

大学や研究機関に属さず、独自に(ほぼ趣味で)研究をされている複数の方々が、現状や思いを書いています。
執筆者の一人、朝里さんは、公務員の傍ら日本の怪異を研究されて、同人誌での発表から『日本怪異辞典』の出版につながってます。


【学びはどこでもできる。何度でも始めなおせばいい。僕は楽しいからそうする】 
(『在野研究ビギナーズ』より)

 図書館スタッフ:ゲーム司書


2021-01-12

今年もよろしくお願いいたします


 あけましておめでとうございます。

本年も図書館をどうぞよろしくお願いいたします。

今年がみなさんにとってよい1年となりますようお祈り申し上げます。


新年早々のブログですが、図書館の臨時休館のお知らせです。

1月12日(火)、1月13日(水)の二日間は、図書館は臨時休館です。

尚、1月15日(金)は、共通テストの準備のため休館いたします。

ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承ください。


さて、年も明けましたが昨年読んだ本をご紹介いたします。


著者 : 坂口恭平
左右社
発売日 : 2020-11-02

坂口恭平さんが昨年はじめた畑づくり。畑への道でみつけた風景を描いたパステル画の画集です。江津湖や三角半島など、熊本で暮らしているとおなじみの風景も描かれています。写真と間違えるような写実性を持ちながらも、見ていると懐かしい気持ちになる不思議な絵たち。キョウヘイブルーとも呼べる、海や空の青色のグラデーションの豊かさに心をうたれます。
現在貸出準備中です。しばらくしたら新着図書コーナーに並びますのでお待ちくださいね。

昨年は、画集以外にも坂口恭平さんはたくさん本を出版されています。
下の2冊は、ご利用可能ですので、興味のある方は読んでみてくださいね。



                               スタッフY
 

ぷくりぶ日誌 Copyright © 2008 Green Scrapbook Diary Designed by SimplyWP | Made free by Scrapbooking Software | Bloggerized by Ipiet Notez