2020-04-04

展示「怪異を読む」


少し前に、病魔を退散させるという物の怪【アマビエ】がSNSなどで話題になりました。
江戸時代の後期、肥後の国(熊本)に表れて『当年より6ヶ年の間は諸国で豊作が続くが疫病も流行する。私の姿を描いた絵を人々に早々に見せよ。』と、予言めいたことを告げたといわれています。



【出現を伝える瓦版が、京都大学付属図書館に所蔵されています】

スマホを使い、SNSで繋がるほど科学が進んだ現代だからこそ、人は何か不思議なものに惹かれるのかもしれませんね。


そんな世の中の流れに合わせて、展示コーナー「怪異を読む」を作りました。
1F展示コーナーに、少し怖くて不思議な話を集めていますので、ぜひご利用ください!



(図書館スタッフ ゲーム司書)




2020-04-02

図書館クラブ春展示「色×彩」


こんにちは。図書館クラブです!

3月下旬に一階の図書館クラブのコーナーの展示替えをしました。



春展示のテーマは「色×彩(いろいろ)」です。
2月中旬に行った選書ツアーで選んだ本を展示しています。



小テーマは

新生活(一人暮らし、料理)
生き物

小説
趣味
資格


です。


ロシア語の勉強の本、キノコの本、国内外の旅行の本、
タイトルにインパクトのある本、ためになる本、癒される本

などなど多種多様な本が並んでいます。


展示作業の様子

















ポップも書いています。


















学生の皆様、ぜひ手に取ってみてください。
面白そうな本が見つかったら、こんな時こそ家で読書三昧をしてみてはいかがでしょうか?

一般の方は現在入館ができませんが、入館制限が解除された際にはぜひ展示を見に来てくださいね。



















(図書館クラブ:たみ)

2020-03-31

花冠と手作りマスク






先週25日。晴天で気持ちにいい午後のことでした。西門近くの初代学長 北村直躬先生の像にふと目が留まりました。「あれ?」
違和感の元を探るべく近づいてみると

なんと!北村直躬先生にシロツメクサの花冠が!!
心なしか、先生のお顔も穏やかに見えてくるから不思議です。
先日総務省や厚生労働省の看板に墨汁をかけられる事件がありましたね。墨汁の使い方!(きっとそこじゃないと思うけど)と残念に思った後でもあり、世の中今は気持ちのコントロールが難しい時期だなあと思っていたところでした。先が見通せない毎日って不安ですものね。

でも「かけられて」いるのが花冠だとこんなにも春の一日が穏やかになるものでしょうか。誰かの贈り物でふっと心が和みました。

さて現実問題。マスクがありません。図書館は窓口業務です。マスクはあった方がいい。でもまずは医療機関や介護関係の方々。優先すべきところはたくさんあります。そう私たちは手作りマスクで凌ぐのです。限定販売のガーゼはなんとか手に入りましたが、ゴムはありませんでした。代用品でなんとかします。型紙も無料で公開中。あとは縫うだけ。ミシン?ミシンの使い方を復習するかチクチク手縫いか?
お裁縫箱が手元になくても、携帯用のソーイングセットと糸があればなんとかなりませんか?
そんなあなたとわたしのために、図書館にはこんな本がありますよ!
(所在:和書(2F) 請求記号:593.3||Ta 33)
まず手縫い派の方はこちら。布や針の選び方、お裁縫の用語まで解説。もちろん基本の縫い方も丁寧に説明してありますよ。
(所在:和書(2F) 請求記号:593.3||So 21)
細かく写真で工程を説明してあるし、今さら聞けない基本的なことから便利な知識まで書いてあり1冊あれば安心して針や布やミシンやボタンと格闘(?)できます。
(所在:和書(2F) 請求記号:593.3||Mi 96)
縫い方はもとより、まち針の打ち方から丁寧に説明してあります。最終段階として服や小物にもチャレンジできます!

家にいる時間が増えたので、何か新しいことをやってみるのはいかがでしょうか?

さて今日は年度末です。大学では「平成31年度」で過ごしてきましたので、明日から令和の年度が始まります。
今年度も図書館をご利用いただきありがとうございました。
また明日からよろしくお願いいたします。

2020-03-27

(脳内だけでも)旅にでよう



こんにちは。
この度、図書館に新しい雑誌が仲間入りしました!
「ことりっぷ マガジン」です。


ことりっぷといえば、「京都」「カナダ」など地域別のガイドブックとしてご存じの方も多いと思います。旅に持ちやすいサイズ、かわいいデザインでおなじみですよね。

ことりっぷマガジンの特徴は、
年4回発行の日常でも旅心を忘れない旅好き女子のためのライフスタイルマガジンです。
春夏秋冬季節ごとのタイムリーな旅案内や料理、ビューティー、ファッションなど幅広い特集を取り上げています。(出版社からのコメント)とのこと。
サイズも大きめなので、風景の写真などは特に見ごたえがあります。

その他にも、図書館には「るるぶ」「地球の歩き方」などの旅や海外に関する図書・ガイドブックも豊富に揃っています。こちらは図書なので貸出可能です。(ことりっぷマガジンは雑誌なので、館内閲覧のみでお願いします。)

いつもなら春休みシーズンで旅行に行く方も多いこの時期。今年はコロナウイルスの影響をうけ、旅行を控えている方もいらっしゃるかと思います。
図書館にはたくさん旅にでかけたくなる資料が揃っています。気分転換に、または次の旅行の下調べに、ぜひご覧ください。


最後になりましたが。
先日の日曜22日は、本学の卒業式でした。今年は新型コロナウイルスの影響で、全体式典の中止となり、大学内で代表者のみの式典でした。やむを得ないとはいえ、卒業生のみなさん全員を盛大に送り出したかったです。

これから社会に羽ばたくみなさんの未来が、どうか明るいものでありますように。
心からのエールとおめでとうを!


※県立大学図書館は現在、一般利用者の方の入館制限を5月10日まで延長しております。ご了承ください。

(図書館スタッフ R)

2020-03-21

マスクあるある




こんにちは。健やかにお過ごしですか?
「新型コロナウィルス」・・・どうしたもんでしょうねぇ。
このブログでも避けては通れない話題になっています。

手洗い、うがい、マスク
この3語は、朝起きてから眠りにつくまでの間に(もしかしたら夢の中でも)、脳内を闊歩しているワードではないでしょうか?

そんなこんなで、頭の中にはマスクが溢れているのに、現実の世界のマスクの在庫はすっからかんで、たいへん悩ましい状況が続いています。

「使い捨て精神にのっとり、正々堂々とマスクを一日一枚、使い切ることを誓います!」

と思い切り宣誓できたらどんなにいいことか・・手持ちが少なくなりつつある今、どうしようか思案の日々です。

みなさんのマスク事情はいかがですか?

図書館でもスタッフ間で・・・
「手作りマスクを作ったざぁますワよ!」
「まアぁ、なんてすばらしいこと!」
「どんな生地を使っていらっしゃるのかしラ?」
「ゴムひもは、パンツからお抜き取りになったの?」
「ねぇねぇ、型紙はどうなスすったの?」
「とってもステキなその型紙、コピーさせてくダさらない?」
「ええ、よろしくってヨぉ~!」
・・・というような会話が繰り広げられ、手作りマスクについてにぎやかに情報交換をやっています。

と、前置きはここまで。


最近読んだ本を3冊ご紹介します。

所在:和書(3F) / 請求番号:914.6||Ta33

「作品を世に送り出す最後にして最大の難所がタイトルです。(「はじめに」から抜粋)」
タイトルをつける現場では、作者と関係者の間で、手に取ってほしい、読んでほしい、見てほしい、聞いてほしい、そして買ってほしいといった思惑がうねり絡まっているようです。



著者 :
本の雑誌社
発売日 : 2019-08-29
所在:和書(2F) / 請求番号:366.38||H85

働く女性たちのインタビュー集です。
変動してきた労働環境の中で、女性が、どのように選び、たたかい、折り合い、そして工夫しながら働いてきたかが紹介されています。

“働く”を漢字にしたことで「強さ」を、また、“わたし”をひらがなにしたことで「しなやかさ」を表現し、たいへんバランスの良いタイトルになっているなと思いました。
(⇒⇒いっぱしの評論家気取りの“わたし”)



所在:和書(3F) / 請求番号:758||To69


カバーに「誰がデザインした椅子でしょう?」というクイズが載っています。
一流建築家の代表的な建築と、その建築家がデザインした椅子が見開きで掲載されていて、たいへん目に美しいです。

私が思うに、構成や内容にそれぞれの建築家の“粋”が正統に反映されていて、これはまさに「教科書」だと言えます。
(⇒⇒だれかー!このエラそうな語り口を止めるための“教科書”を持ってきて!)

**************************************************************

< あらら~、気づけば、今回も長い長いブログになってしまいました。ぶほほ。 >

***************************************************************

最後に「(メガネ人の)マスクあるある~!」

【 水分補給をしようとして、メガネを外す 】
・・・おいおい、それじゃ飲めないよ。耳から外すのはマ・ス・クだよ(と独りツッコミ)。

これ、実は一日に3度ほどやってしまいます。
へっ!? やらない? やりますよね? ね?

スタッフP(一年間お世話になりました)

2020-03-13

生活を充実させる


大学の後期試験も無事終了し、今日から開館している図書館です。
新型コロナウイルス流行の影響で学外の方の利用はできませんが、学部生・院生・教職員の方はご利用になれます。

ところでみなさん、"スペイン風邪"ってご存じですか?
1918年から1919年にかけて全世界で猛威を振るったインフルエンザで、人類が遭遇した最初のパンデミックと言われています。(ウィキベディアより)
私の祖母は大正7年生まれだったので、うちのおばあちゃんが生まれた年に流行ったインフルエンザです。(ちなみに今存命ならば102歳です)
全世界で2500~5000万人ほどの人が亡くなり、そのせいで第一次世界大戦の終戦が早まったとも言われています。
移動手段で飛行機なんてほどんどなかった時代に、世界中を大流行なんてどうやって…
そのパンデミックについて書かれた本がコチラ。


所在:和書(2F) 背ラベル:493.87||C 93

102年前も、今とそんなに変わらないな、と思える一冊です。
以前の状況を学び、こんな時だからこそ流言飛語に惑わされず、冷静でいたいものです。

それにしても、お出かけできませんよね。
手洗いもマスクももう飽きましたよね。
ああ、ヒマ。
でも仕方ないんですよね…

そんなみなさんに、引きこもり生活を充実させる本をご紹介します!

まずお料理!


所在:和書(2F) 背ラベル:596||J 54

ほんと、超簡単なのでオススメです。
もうちょっと手ごたえを感じたい方にはこんな本も。

著者 : 飛田和緒
主婦と生活社
発売日 : 2011-10-07

所在:和書(2F) 背ラベル:596||H 54||1

シリーズが数冊ありますが、どれもおススメです。
わりと簡単なのにおいしいんです!

つぎ、お茶!


所在:和書(2F) 背ラベル:596.7||N 77

アレンジレシピがいいんです!
おうちでカフェ気分。

つぎ、食べてばっかりだとアレなので、体を動かす!


所在:和書(2F) 背ラベル:595||Sa 45

引きこもり生活、いい感じに過ごせそうです。

★★★最後に手洗いの方法→コチラ(厚労省のポスターPDF)
私も久しぶりに爪を短く切りました。



図書館スタッフ:H




2020-03-11

学生さん大活躍


春休みで帰省している学生さんも多い中、コロナウィルス感染防止のため学外利用者の利用制限を行っているためいつも以上に静かな館内です。

そんな中、図書館では新学期に向けて学生さんたちが活躍してくれていますのでその様子をご紹介いたします。

4階書庫では、学生アルバイトさんが洋雑誌の整理をしてくれています。
洋雑誌の棚は、雑誌の増加により棚が満杯になり新しい雑誌が入りきれない状況になっています。
そこで、棚を増やし新しい棚から順にA-Zの順に並べ替える作業を学生アルバイトさんにお願いしています。
重い本を運んで並べなおす大変な仕事を4人がかりですすめてくれています。




新学期には、新しくなった4階の洋雑誌の棚をご利用ください。


そして、図書館クラブでは春展示に向けての準備を進めています。
2月14日に選書ツアーで買ってきた本を展示するために、4つの班に分かれて準備を着々と進めているところです。
それぞれの班の役割を説明しますね。

①コメント用紙作成
展示の本の紹介ポップを図書館クラブメンバーで書いてもらっているのですが、その用紙を作成する係です。
季節やテーマを意識して4種類のコメント用紙を作成してもらいます。
秋の展示では、このようなデザインを含めて4種類作成してもらいました。



コメント用紙の紹介にひかれて本を借りる方も多いのではないでしょうか?
春展示も素敵なデザインで準備が進んでいます。お楽しみに。

②シールラベル作成
本の背に貼ってある展示のためのシールも学生さんの手作りです。ご存じでしたか?






現在展示中の図書に貼っているシールです。デザイン、印刷、図書への貼り付けを担当してもらっています


③小冊子作製
展示の本を利用した持ち帰り用の小冊子作成です。
テーマを意識した表紙、裏表紙。


中は、推しの図書の紹介となっております。

手書きの小冊子は書いた人の思いがこもっていて見ごたえがあります。
結構人気でたくさんのひとに持ち帰っていただいています。


④ポスター作製
一番目に付く展示の花形ですね。
展示のテーマをわかりやすく興味を引く形で表現しています。

図書館クラブのみなさんそれぞれがこのような仕事を分担して展示の準備を進めています。
3月中には展示入替終了予定で準備を進めています。
新学期にはぜひ、新しい展示を見に図書館まで足を運んでくださいね。

図書館クラブのメンバーも随時募集中です。
興味のある方は、図書館カウンターにお尋ねください。


最後に、春展示のために準備している図書からいくつか紹介いたします。




幡野さんの言葉はまっすぐで、うそがない。
読んだ人の心にダイレクトに響きます。




これ助かる人が多いんではないでしょうか?
チキンラーメンを利用したアレンジレシピ集です。

スタッフY

2020-03-02

手を洗ひをる夕ごごろ


こんにちは。弥生3月2日、
本学図書館は、今日も元気に開館しています。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか?そして、手洗いされていますか??
もう一度(私も含め)おさらいいたします。正しい手の洗い方です。
↓↓↓
https://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/foodpoisoning/handwash.html


(自分含め)忘れがちなのが、
手を洗い終えて水を止める時、きれいになった手で蛇口を締めないこと。


そして、不織製マスクの付け方もおさらいしますね。
↓↓↓
https://www.gov-online.go.jp/useful/article/200909/6.html

慌てて付けると、時々私も間違えるのですが、
ワイヤーが付いている方が上です!


マスクの上下を確認し自分の顔に付けたら
鼻をマスクの上から摘まんで、
マスクを鼻に沿わせ、プリーツをあごまで伸ばしましょう(^▽^)/

三寒四温のこの季節、どうぞお元気でお過ごしください。
どうか楽しい春が来ますように。(司書K)
**************************
食中毒・感染症を防ぐ!!食品を取り扱う人のための衛生的な手洗い
丸山務監修
日本食品衛生協会, 2014.5
498.54||Ma 59
0000362069
所在:和書2階



元日や手を洗ひをる夕ごごろ 芥川龍之介
『芥川竜之介俳句集』より
加藤郁乎編
岩波書店
080||1-31||070-13
0000336281
所在:文庫本3階




2020-02-28

展示「詩、俳句、文学」


当学の文芸部の皆さんが作られている部誌『LETHE』(レテ)を、素敵なイラストと共に展示しています。
興味のある方は、是非ご覧ください。




他にも、俳句の同人誌や、詩の本などを展示しています。
※同人誌など一部の本は借りることが出来ませんので、ご注意ください。



(図書館スタッフ ゲーム司書)

2020-02-20

細菌・ウイルスのこと


小春日和の好天に恵まれた今日、図書館にも優しい日光が入ってきていますが、春休みに入り、学生の皆さんの利用はかなり減って、とても寂しく静かな館内です。

さて、最近のニュース番組は、新型コロナウイルス「COVID-19」の話題ばかり。
本日、九州でも福岡県に初の感染者が出たとのこと。
終息にはまだまだ時間がかかりそうです。
自分たちでできる日常的な予防「うがい・手洗い」は、いつも以上にしっかり行いたいですね。
他にも、感染しないためには、敵を知ることも大切かも…

私たちの回りには、コロナウイルス以外にも、肺炎球菌、レジオネラ菌、結核菌、インフルエンザ菌、ノロウイルス、コレラ菌など、膨大な種類の細菌、ウイルスが蔓延しています。
こちらは、図と顕微鏡写真が豊富に掲載されているので、とても読みやすいです。




また、ウイルス学に興味がある方は、『ウイルスの意味論 : 生命の定義を超えた存在』がおすすめです。

著者 : 山内一也
みすず書房
所在:開架(2F)
請求記号:465.8||Y 39

著者は、ワクチン製造を含むウイルス学の最前線で長年活躍してきたウイルス学者で、本書には自身と世界各国のウイルス研究者達の貴重な体験話が織り込まれてあり、わかりやすくウイルスの事を教えてくれます。
感染症の予防の他に、ウイルスと生命の起源の解明、さらには生物兵器や生物テロなど、人類存続の課題にも関わっているウイルスについて学べます。

身体の中からの予防という意味では、食べて体力をつけることも大切です。



これから春に向けて、いろんな細菌やウイルスが私たちの健康を狙っています。
身体によいもの、美味しいものを食べて、適度な運動と予防で、細菌とウイルスに勝っちゃいましょう!!

(図書館スタッフ:ニコル)

2020-02-14

春の選書ツアー&証明書授与式


こんにちは!図書館クラブです。

本日2月14日に読み聞かせの団体さんと図書館クラブの活動証明書授与式が行われました。

センター長から一人ひとりに賞状が贈られました。




集合写真です↓



午後からは上通り金龍堂まるぶんさんにて選書ツアーを行いました。

今回のテーマは『色×彩』で、文字通りいろいろなジャンルの本を集めました。
少ない人数での選書でしたが、面白そうな本が多く、あっという間に集まりました。





三月下旬には展示が完成予定です!
かなりユーモアのある本たちをぜひ見に来てください!

本年度もありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。

(図書館クラブ:Bridge、Ship、River、Field)

2020-02-10

展示「春休みに読む!長編ファンタジー」


長期休みに合わせて「春休みに読む!長編ファンタジー」の展示を作りました。

長いお休みに、長編小説にチャレンジしてみませんか?

18年ぶりの新刊が話題の『十二国記』と、王道ファンタジーの古典『指輪物語』を展示しています。
















私も『十二国記』を読み始めましたが、噂にたがわぬ面白さで、寝不足待ったなしです!

是非、手に取ってみてください。

(図書館スタッフ ゲーム司書)

2020-02-04

今日着ている服、あなたはどうやって選びましたか?



こんにちは。
先日、熊本市現代美術館で開催されている「ドレス・コード?――着る人たちのゲーム」展(223日まで)を観に行きました。

街中にあって、利用しやすい現美。私も大好きな場所です。

このドレス・コード展公式サイトによると、18世紀の宮廷服や20世紀初頭の紳士服、ストリートカルチャーを吸収した現代服まで、京都服飾文化研究財団(KCI)が収蔵する衣装コレクションから精選した約90点を中心に、写真や映像などのアート作品、さらにはマンガ、映画、演劇といった現代の表現を加え、300点を超える作品で構成されている とのこと。

いやーまさにそのとおり、圧巻の洋服の数でした。「装う」ということがこんなに自由なんだなとあらためて思ったり。
ぜひみなさんもおでかけしてみてください。

我が図書館にもファッションに関する雑誌がありますよ。
 
著者 :
文化出版局
発売日 : 2020-01-28

創刊80周年、ファッション誌の草分け的存在である装苑。眺めてるだけでオシャレ~な気分になります。そしてなにかを創作したくなります。

本だとこちらなんていかがでしょう。

所在:和書(2F) 383.1||Ta 84 



誰もが一度は着たことがあるであろうリクルートスーツ。
ドレス・コード展ではリクルートには限っていませんが、メンズもレディースも某高級ブランドスーツの展示がたくさんありました。
刺繍・素材・靴など間近で見られて、まさに眼福。美しかった・・・

ちなみに、ブログのタイトルは美術館の入口の幕に書かれている言葉。あらためて聞かれると・・・毎日適当に服を選んでいる自分に刺さります。

(図書館スタッフ R

x

2020-01-31

武漢 ー漢詩の風景ー


突然ですが、李白の七言絶句を。

黄鶴楼送孟浩然之広陵   黄鶴楼にて孟浩然の広陵へ之くを送る   李白

故人西辞黄鶴楼   故人 西のかた黄鶴楼を辞し
烟花三月下揚州   烟花三月 揚州に下る
孤帆遠影碧空尽   孤帆の遠影 碧空に尽き
唯見長江天際流   唯見る 長江の天際に流るるを

(引用:『漢詩の世界』新装版 石川忠久著 大修館書店 1989年 )

(所在:和書(3F) 請求記号:921||I 76)

中学校の教科書に載っていたので、なんとなく覚えている方も多いのではないでしょうか。
武漢→黄鶴楼→李白!
最近のニュースを見ていて、武漢ってどこだっけ?と思ったわたしの思考回路です。
わたしの中の武漢のイメージはこの漢詩以降、全く更新されていないことが今回明らかになりました。(唐代ですよ!)
現地では春節を迎えましたが、街は封鎖され、武漢在住の日本人も希望する人は政府専用機で帰国されていますが、文化の交流も人の交流も長い年月重ねられてきたのだなあと思います。
そして別れの悲しみはいつの時代も変わらず、胸に迫ります。船が見えなくなってもその先をみつめ続ける余韻がよけい寂しいですよね。この後まだ安禄山の乱が…とかも考えてしまいます。


さて図書館では、そんな感傷の入る余地もないくらい試験準備中の学生さんでいっぱいですが、試験が終わったら楽しい春休みの計画を立てている人も多いでしょうね。


新型肺炎が終息して、また中国へ気軽に観光旅行に行ける時期はもう少し先でしょうか。そんな今だから漢詩など中国文学に親しんでおくのはいかがでしょうか。


冒頭の『漢詩の世界』の著者、石川忠久先生はNHKのさまざまな漢詩の番組でおなじみですし、今回の改元の際には候補の元号を出していらっしゃった方ですね。解説がわかりやすいので、読みやすいですよ。


また明治書院の「新釈漢文大系」から「詩人編」の刊行も始まっています。


所在:和書(3F) 請求記号:920.8||3||S-4


こちらには冒頭の詩は収録されていませんが(下巻を待ちます!)、訳や語注、解説なども丁寧に書かれています。
岩波文庫でコンパクトに読むもよし、漢詩はいろいろな形態で出版されていますので、自分が読みやすいものを見つけるのもいいかもしれません。


いつか黄鶴楼を見てみたいなあ。
(図書館スタッフ:「ときに晴れて」)

2020-01-27

図書館クラブのリクエスト展示(2月、3月)


図書館クラブのリクエスト展示の棚が新しくなっています。

今回のテーマは、「日文選第三弾  不思議編」です。














不思議をテーマにこんな本たちが並んでいます。






大好きな本、読んでみたかった本、この棚で見て読んでみたくなった本が並んでいます。
みなさんも是非図書館1階リクエスト展示コーナーをのぞいてみてくださいね。

                                                     (スタッフY)
 

ぷくりぶ日誌 Copyright © 2008 Green Scrapbook Diary Designed by SimplyWP | Made free by Scrapbooking Software | Bloggerized by Ipiet Notez