2019-10-16

ブログ上「学内見学」~図書館編~




熊本県立大学では、高校生、保護者の方々及び先生方を対象に「学内見学」を受け付けています。(窓口は教務入試課入試班です。詳細はこちら⇒「学内見学」)
これは、「大学の概要説明」と「施設見学」をセットにしたものですが、この施設見学先として、わが図書館も高校生のご一行様やPTA等のご一行様をお迎えしています。

入館ゲートに来られたら、ズズズイと1階奥まで進んでいただき、雑誌コーナーあたりでご説明を行います。

『この図書館の建物はは平成6年にできました。思い返せば、平成6年は県立大学にとって大きな変革があった年でした・・・』(①県立女子大学から県立大学への名称変更、②男女共学、③総合管理学部の創設で3学部へ)

『開館時間は月~金は8時40分~21時40分、土曜は8時40分~19時、日曜・祝日、年末年始はお休みです』

『年間の利用者は約9万4000人です』

『利用できるのは、県大学生、教職員、授業公開講座の受講生等です。その他、18歳以上の県民の方や県内に勤務されている方も利用できますよ(ただし高校生は除きます)』

『図書館には約34万冊の本が配架されています』

『雑誌コーナーには約100種類の雑誌があります』


『大学に併設された図書館ですので、研究図書や専門書が多いですが、話題の新刊小説やヤング向け(←死語?)の情報雑誌や旅行ガイドブックなどもありますよ』

『1階にはラーニングコモンズ(学習のための語らいOKのスペース)、パソコンコーナー、テーマに沿った本の展示、図書館クラブの選書コーナー、雑誌コーナーなどがあります』

『2階には、郷土資料、県立大学の歴史や沿革がわかるアーカイブ、和書があります』

『3階には、2階とは分野の異なる和書、それと洋書があります。また、パソコン室やグループ学習室、そしてガラス張りでたいへん明るい吹き抜けの大閲覧室があります。』

『いつも21時40分の閉館時間まで学生が利用していて、閉館の放送で帰りを促しています。また試験前~最中は利用者がたいへん多いです』

・・・とまあ、だいたいこんな感じです・
説明のあとは、各自で自由に1~3階を見学していただきます。
こちらからの説明は設備や図書等のハード面中心になるのですが、見学者のみなさんにとっては、「館内利用中の学生さんたちの姿」こそが心に残るのだろうなあ思います。

何の演技もしていない動物の赤ちゃんが掛け値なしでかわいいように、学生のみなさんの姿・存在そのものに県大を語るチカラ(説得力)があると思うのです!

おやおやおや?
ここで学生さんたちのセリフが・・・

「てやんでぇ!あたぼうよっ!!」(なぜ江戸っ子?)
「やめておくんなまし、控えめにしてても勝手に光り輝くんでありんす」(なぜ花魁風?)
「知らざあいって聞かせやしょう。〝地域に生き、世界に伸びる″県大生たぁ、俺(私)のことだぁ!」(なぜ歌舞伎役者?)

・・・すっかり自作自演ワールドに浸ってしまいましたが・・・
なにはともあれ、今後ともみなさんの図書館のご利用を心からお待ちしています。

スタッフ P

(ちなみに「地域に生き、世界に伸びる」は「熊本県立大学の理念・目的」ですヨ!)

2019-10-15

展示『絵を描く、絵を観る』


熊本県立大学の学園祭、「白亜祭」が近づいてきましたね!


看板などに描くイラストの参考資料として、イラストの描き方などの本を、「絵を描く、絵を観る」コーナーに展示しています。
白亜祭に向けて、是非ご利用ください。


また、今回の展示では、学部生のおふたりに描いて頂いた素晴らしいイラストも展示していますので、そちらも是非ご覧ください。




図書館スタッフ(ゲーム司書)
 






2019-10-12

絵本展示&白亜祭でのお話会


現在、図書館1Fラーニングコモンズエリアの横に、絵本や関連本を展示しています。

【大人も楽しい絵本!】

名作絵本に、ちょっと変わった絵本、大人も震える怖い絵本など、色々な絵本を展示しています。
懐かしい気持ちになったり、新しい発見があるかもです!


そして、その展示に合わせるように、図書館の有志スタッフで「白亜祭」の日にお話会をおこないます!
その名も『けんだい 絵本ガーデン』

日程:2019年11月10日(日)白亜祭の2日目。

時間:11:00~  12:00~ 13:00~ の各30分程度

場所:熊本県立大学図書館 入口前

内容:色々な絵本をとにかく楽しく読みます!

子どもから大人まで楽しめる、楽しいお話会にしますので、是非ご来場ください。


図書館スタッフ ゲーム司書 

図書館クラブによるリクエスト展示(10月~11月)


図書館クラブの方々に「リクエスト展示コーナー」を作っていただきました。

2ヶ月ごとに入れ替えが行われるのですが、今回は「FGO関連本」!
スマートフォン用ゲーム「FGO」(フェイト・グランド・オーダー)に関連する本を展示してもらったのですが、神話から葛飾北斎の本まで、幅広いジャンルの本を選んでもらいました。



こうしてみると、色々な本があって面白いですね!
また、ピックアップ本として『サリエーリ』や『マハバーラタ』など、学生さん一押しの本はコメント付きです。
 

興味のある学生さんは、ぜひ借りて読んでみてください!


ちなみに、FGO展示は、沖縄県立図書館さんでも行われており、人気を博しています。

「絶対読書戦線メソポタミア」


図書館スタッフ(ゲーム司書)

2019-10-11

食育展示「食の歴史」


日に日に涼しくなってきており、食欲やスポーツの秋が近づいてきていますね。
美味しく食べるのも良いですが、料理についての歴史も知ってみませんか。
現在、図書館1階、カウンター前展示コーナーで「食の歴史」を開催しています。



美味しそうだったり、面白そうだったり、色々な本がありますが
個人的に気になった本はこちら!
著者 : 西村淳
新潮社
発売日 : 2004-09-29
所在:文庫(3F)
080||59||7540
あらすじ
ウイルスさえも生存が許されない地の果て、南極ドーム基地。そこは昭和基地から1000kmかなた、標高3800m、平均気温-57℃、酸素も少なければ太陽も珍しい世界一過酷な場所である。でも、選り抜きの食材と創意工夫の精神、そして何より南極氷より固い仲間同士の絆がたっぷりとあった。第38次越冬隊として8人の仲間と暮した抱腹絶倒の毎日を、詳細に、いい加減に報告する南極日記。

う~ん、面白そう!


図書館スタッフ(ゲーム司書)

 

ぷくりぶ日誌 Copyright © 2008 Green Scrapbook Diary Designed by SimplyWP | Made free by Scrapbooking Software | Bloggerized by Ipiet Notez