2019-11-10

けんだい絵本ガーデン


こんにちは。
日頃図書館をご利用いただきありがとうございます。

11月10日、白亜祭2日目です。
快晴に恵まれた秋の日、図書館で初めてのイベントを催しました。

「けんだい絵本ガーデン」~図書館スタッフによる絵本の読み聞かせ~
~当日ダイジェスト版~

11時の回
「わゴムはどのくらいのびるかしら?」他2冊
絵本から飛び出して、わゴムをのばしてみました。
弾けたわゴムは、どこにいくのでしょうか?


12時の回
しんぶんばなし「あっ たいへん!」他2冊
新聞が帽子になったり、はしごになったり、ふねになったり。
観客の皆さんは「どうやって作ったの?」と興味津々。
ステージ終了後スタッフが質問攻めにあっていました。

午後1時の回
「じゅげむ」他2冊
落語絵本「じゅげむじゅげむごこうのすりきれ・・」
長くて縁起の良い名前「じゅげむ」。
観客の女の子も、終わった後一緒に「じゅげむ」を言ってくれました。


全3回公演。
のべ、26人のお客様にご来場頂きました。

備品・パンフレット掲載にご協力くださった
白亜祭実行委員のみなさん、
当日ご来館くださったみなさま、
練習を暖かく見守って下さった図書館の皆様、本当にありがとうございました。(スタッフk)


**おまけ**

皆さんのおすすめの絵本、思い出の絵本を葉っぱに貼った「絵本の木」。
白亜祭当日は、本当の木の横に置きました。


お祭来場の皆さんも、思い思いの本を記入されてたようです。
合わせて37枚の葉っぱで彩られました。こちらもご協力ありがとうございました。





2019-11-09

「白亜祭」に行こう!!




秋晴れの好天気に恵まれた今日は、年に一度の「白亜祭」
今年は図書館の前にも、沢山のお店が並びとても賑やかです。

明日10日(日曜日)は、図書館も絵本の読み聞かせをいたします。
↓   ↓   ↓   






11、12、13時に図書館前に
ぜひいらしてください。

素敵なお話が聞けるはずです!



 


今、ステージでは」カラオケ大会」美声が学内中に響いています。
他にも様々なイベントがあります。
みなさん、白亜祭にGO!!!     
                      (図書館スタッフ:ニコル)

2019-11-01

「映える暮らし」


1階の図書館クラブ展示コーナーが新しくなりました!


「世にも奇妙なヒストリア」から
      ↓
「映える暮らし」へ。


展示は図書館クラブの皆様が頑張ってくれました。


色々作ってくれたり。



飾ってくれたり。



おかげで、こんなに素敵な展示ができました、ありがとうございます!









クラブ員は随時募集しておりますので、図書館クラブ活動に興味が出た方は、お気軽に図書館スタッフまで声をおかけください。


  (図書館スタッフ ゲーム司書)



2019-10-29

「順序」は大事




5月1日に年号が令和に変わり、やがて半年が経とうとしています。
年号の変わり目に2度も立ち会うことになったPから質問です。
「年号の順序は、(さかのぼって)どこまで言えますか?」

令和の前は、平成(これは楽勝)
平成の前は、昭和(この間も実際生きていたから大丈夫)
昭和の前は、大正(短かったのよねぇ)
大正の前は、明治(文明開化の音がする♪)
明治の前は・・・
明治の前は、江戸(ではないですよ!)

その答えはこの本が教えてくれます。



 
著者 : 小倉慈司
吉川弘文館
発売日 : 2019-06-26
所在:和書(2F)
請求番号:210||02||O26

大化から令和まで、248の年号を史料に基づき平易に紹介し、年号ごとに在位した天皇、改元理由などを明記し、年号字の典拠を解説しています。(紹介文から抜粋)
(答え:明治の前は慶応です)


ガラッと話しは変わりまして。


図書館の本には「請求記号」のシールが本の背の下の部分に貼ってあります。
請求記号シールの説明です↓↓↓(ちょっと見づらいですかねぇ・・)



1段目には分野が数字で表され、2段目には著者名の頭文字がアルファベットで表されていて、このアルファベット順に並べられているのですが、(司書ではない)見習い事務スタッフのPはこのアルファベットにひそかに苦戦していまして・・。


たまに、返却された本を書棚に戻すお仕事(配架)をするのですが、恥ずかしながらアルファベットの順序の記憶がかなりあやしげで、毎度あたふたしてしまいます。


そんなときは、頭の中で「ABCの歌」のメロディーを流します。静寂を旨とする図書館において、口ずさみそうになっていることもあります(←これはアウトです)。
しかも、毎回律儀に最初の「A」から歌うのです。
「♪ABCDEFG♪HIJKLMN♪OPQRS・・おおぅ!Sはここだったか!」という具合に。
(いやはやなんとも、次元の低い話で恐縮です)




「アルファベットの並び順をマスターし、じたばたしないで配架する」
これを「令和」で達成すべき目標にしたいと思います。

図書館・事務スタッフP

2019-10-24

和雑誌紹介 ●週刊誌編●



こんにちは。

県大図書館には“図書”があるのはもちろんですが、“雑誌”も沢山取り揃えています。

和雑誌係の私としては、ぜひぜひ皆様にこの雑誌の多さと奥深さを知ってもらいたい・・・

ということで、初回はまず“週刊誌編”をご紹介したいと思います。



書店でよく目にする方も多いでしょう。

表紙は毎回写真家の蜷川美花さんの撮影で、芸能人に限らず旬な方々が登場しています。

政治・経済・文化などなど、ジャンルが幅広いニュース週刊誌。

個人的には巻末にある「はたらく夫婦カンケイ」のコーナーが面白いです。


続いてはこちら。 




大正11年生まれの、日本でもっとも古い本格派週刊誌。「ご当地ライバル校対決」など大学関連の特集も読み応えがあります。なんとなく、表紙を飾るのはジャニーズ系が多いのは気のせいでしょうか・・・(イケメン率高し)


最後はこちら。




アメリカで流通しているニューズウィークの日本語版で、世界各国で起きた出来事や国際問題などを独自の視点で分析して紹介しています。実力に定評のある記者たちが自分の考えを交えて記事を書いていることから、政界や財界の著名人にも愛読者が多く存在しています。(Fujisan.co.jpより


週刊誌に限らず、まだまだ図書館には様々な雑誌を取り揃えています。

じっくり本を読む時間がとれないな・・・という時にも気軽にサクッと読みやすいのが雑誌の魅力のひとつ。

ぜひ図書館1階奥の雑誌コーナーへお立ち寄りください。


(図書館スタッフ R
 

ぷくりぶ日誌 Copyright © 2008 Green Scrapbook Diary Designed by SimplyWP | Made free by Scrapbooking Software | Bloggerized by Ipiet Notez